カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器

鉄瓶・南部鉄器の歴史

南部鉄器とは、岩手県盛岡市・奥州市で作られる物をいいます。

そのルーツは二つに分かれます。

盛岡の鋳物の始まりは、不来方(こずかた)と呼ばれていた盛岡の地に、(蒲生氏郷の勧めで)南部氏が城を構えた慶長年間(17世紀初期)といわれています。南部藩の特産品として、茶の湯釜や鉄瓶などは、古くからの地域ブランド「南部」と称されてきました。

もうひとつの奥州市では、更に古く、平安後期(12世紀初期)に藤原清衡が、近江国から鋳物師を招き始まったといわれ、江戸時代に仙台藩の庇護を受け発展してきました。両地区とも、茶釜・鉄瓶・鉄鍋・鉄釜・梵鐘・・・と色々な物を製造し、幕末には大砲まで作ったそうです。

鉄瓶・南部鉄器の通販店 -快適さ.com-

昭和20年以降、全国各地で鋳物生活用品が製造され、すべて「南部鉄器」と称して販売される混乱がありました。現在は、昭和49年に制定された「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」による指定を第一期に受けて、“伝統的工芸品”となり、両地区での生産品を南部鉄器と称しています。

熟練職人の手による80余の行程を経て製造される実用性と芸術性豊かな南部鉄器は、身近に置いて使いこなし、長く受け継いでいきたいものです。参考:2007年3月現在“伝統的工芸品”として指定されているのは、全国に210品目あります。


>>鉄瓶・南部鉄器の快適さ.comTOPへ戻る

鉄瓶・南部鉄器の製造方法

大量生産と手づくりの違い

鉄を溶かす作業は、キューポラと呼ばれる炉で行われています。
キューポラで溶かされた鉄は「湯」と呼ばれます。
キューポラに対し、昔ながらの小型の炉は甑(こしき)といい、組み立て式の炉のため、注湯の時に組み立てて使います。

鉄瓶・南部鉄器の通販店 -快適さ.com-

生型・焼型について

溶けた鉄=湯を流し込む鋳型には、ふたつのタイプがあります。砂に水と凝固剤を混ぜ、それを押し固めてつくる生型と、作った型を高温で焼いて固める焼型です。

生型は効率的なつくり方で大量生産向け、焼型は細かい模様を刻めるというメリットがあり手づくり向けと分類されます。

鉄瓶・南部鉄器の通販店 -快適さ.com-

>>鉄瓶・南部鉄器の快適さ.comTOPへ戻る

手づくり鉄瓶の造り方

手づくり鉄瓶の主な製造工程
〔攘紳い蝓鋳型製作用。現在は金属製。以前は木製だったので、今でも木型と呼ぶ。
型ひき:荒い砂から徐々に細かい砂・粘土などを用いて、鋳型を造ります。
L詫猷,掘Э人の手作業により”アラレ”等の模様を付けます。
鉄瓶 スズミ桜
し疹討:模様押しの終わった鋳型を焼成して固めます。
ッ羯卞れ:鉄器の厚さを決める内側の中空部分の型を”中子”と呼びます。
μ煙かけ:鋳込み後のり離型剤として、煤(すす)をいぶしつけます。

注湯:溶けた鉄を”湯”と呼びます。型に注いで鋳込みます。
鉄瓶 スズミ桜
コークスと鉄を溶解炉に入れて高温で溶かす作業は、”フキ”と呼ばれ、職人の長年の経験によるものです。

┠燭个蕕掘鋳込みを終了後に、鉄器を型から取外します。中子も取り除きます。


鉄瓶 スズミ桜釜焼き:800〜900度で1時間。さび防止の酸化被膜を付けます。

大変重要な作業で、充分に酸化被膜がつかないと、”金気”の出る鉄器となり、失敗作となります。

鉄瓶 スズミ桜塗り・仕上げ:漆を焼き付けて、更に”さび”(鉄・茶殻・酢を混ぜたもの)をかけます。

組立・完成(つる付けなどの組立)

鉄瓶は仕上げまでに約80もの工程が必要とされ、長い時間をかけ出来上がった作品はまさに芸術品です。
良質な鉄を原材料とし、高い鋳物技術で仕上げます。
すべての工程が熟練職人の手作業によるもので、南部鉄器は伝統工芸品指定第1号に指定されています。


>>鉄瓶・南部鉄器の快適さ.comTOPへ戻る

鉄瓶・南部鉄器のお手入

【鉄鍋】
・ポイントは油なじみをよくすることです。料理の味がグッと引き立ちます。

●新品の鉄鍋にしてあげること
油を使う料理のときは、野菜くずを炒めます。
煮物に使うときは野菜くずを水で煮ます。
それによって、鉄鍋特有の匂いが消え、油と汁のなじみがよくなります。

●使い終わったら
鉄瓶・手入なるべく温水を使って、竹のササラかタワシで洗います。

洗剤なしでも汚れは落とせますが、汚れの程度に応じては、使っていただいても大丈夫です。

●ご注意
鉄瓶・手入洗い終わった後、かるく空焚きをして水気を取り去るのをお忘れなく。



【鉄瓶】
・使い終わるたびに水気をしっかり取るのが、表面のつやを維持するポイントです。

●新品の鉄瓶にしてあげること
鉄瓶・南部鉄器 手入れまず水を沸かします。
沸かしては捨て、沸かしては捨てを2〜3回繰り返し、準備完了。

●使い終わるたびに
鉄瓶・南部鉄器 手入れ余熱で水分を完全にとばします。
かるく空だきしても結構です。

●表面のお手入れ
鉄瓶・南部鉄器 手入れ 鉄瓶・南部鉄器 手入れ
つや出しにはお茶が効きます。
お茶をひたして軽くしぼった布でみがいてください。
独特の光沢が生まれます。

注ぎ口・ふち・フタの裏は、どうしてもサビやすい部分です。
もしもサビが出たら、布でこすり取ってください。

●ご注意
鉄瓶・南部鉄器 手入れ内側には決して手を触れないでください。
脂分がサビを起こすもとになります。

●もしも内側がサビてきたら
鉄瓶・南部鉄器 手入れ茶ガラを入れてしばらく煮出します。
黒い被膜が出来て、サビを防いでくれるようになります。

●長期間使わない時のしまい方
鉄瓶・南部鉄器 手入れ乾かしてから、新聞紙等に包んで、乾燥した場所にしまいます。



>>鉄瓶・南部鉄器の快適さ.comTOPへ戻る

鉄瓶のサビについて

●鉄瓶のサビについて
鉄瓶は、鉄という素材上必ずサビが発生します。

しかし、サビ = 故障という訳ではございません。

内部にサビが発生しても、沸かしたお湯が赤くならなければ、そのままご使用可能です。

●使用後3ヶ月の鉄瓶の内部

南部鉄瓶 サビ新品から使用後1〜3ヶ月位で内部が赤くなっていきます。
もちろん、このまま問題なくご使用可能です。
使い続けていく内に、内部に湯垢が付き白くなってきます。

●使用後約1年の鉄瓶の内部

南部鉄瓶 サビ1年ほど使い続けると、内部に湯垢が付き白くなります。
この白い湯垢は、水に含まれるカルシウム等の成分が付着して付きます。
湯垢が付くことにより、内側をコーティングして錆びにくくするため、擦って落とさないでください。
日々使用することにより、内部が変化していく様子をお楽しみください。
※水源によって、湯垢の付方が異なります。




●沸かしたお湯が赤くなる場合

沸かしたお湯が赤くなる場合は、下記の作業を行ってください。

‥管咾某紊鮠し入れ、亀の子タワシでサビをこすります。
※金属タワシは使用しないでください。
△茲すすぎます。
煎茶の出がらしをお茶パックに入れたものを用意します。
づ管咾某紊鯣分目ほど入れて、を20分ほど煮詰めます。
ゲ个鮖澆瓩討修里泙7〜8時間おいておきます。
真っ黒な水となりますが、これが鉄分とお茶からでるタンニンと化合した色です。
Г海離織鵐縫鵑サビをパックするように覆いかぶさりサビの進行を防ぎます。
ぁ銑Δ鬚發Π貪抃り返します。



●鉄瓶の穴の修理について

弊社で扱っておりますメーカーでは、現在鉄瓶の穴の修理は承っておりません。
手づくり鉄瓶につきましては、肉厚を非常に薄く造っておりますため、200VIH調理器で強火で加熱すると穴が開く可能性がございます。
手づくり鉄瓶は、必ず直火の中火以下で加熱してご使用ください。

鉄瓶のお湯は美味しい

鉄瓶で水道水を沸かすと、カルキ臭が抑えられて、まろやかで美味しくなります。
鉄瓶・鉄鍋でお湯を沸かすと、鉄イオン(2価鉄)が溶出します。


鉄はイオン化すると2価鉄(Fe 2+)と3価鉄(Fe 3+)の2種類に分けられます。2価鉄は身体に吸収されやすく、3価鉄は身体に吸収されにくいといわれています。
鉄瓶・南部鉄器の通販店 -快適さ.com-
鉄瓶・鉄鍋などから溶出する鉄イオンは2価鉄です。酸性の調味料(酢・しょうゆ・味噌・ケチャップ・・・)を用いたり、長時間煮込むお料理では、鉄分がたくさん摂取できます。
(鉄器からの溶融する鉄分だけに頼る訳にはいきません。やはり、鉄分を豊富に含む食品を併せて摂るようにしましょう。)

>>鉄瓶・南部鉄器の快適さ.comTOPへ戻る

IH調理器について

鉄はIH電磁調理器に最も適した金属です。
200V IH対応の鉄瓶・南部鉄器以外でも、熱を通すことは可能です。


鉄瓶・南部鉄器にSGマークを取得するためには、鉄器を厚く頑丈しなければなりません。
200V IH対応品でない鉄瓶・南部鉄器は、対応品に比べて若干底部がうすく作られております。

そのため、200V IHで強火でご使用いただくと、底部が変形する可能性があるので、
弱火で使用することをおすすめします。
100V IHは、強火でお使いいただけます。



手づくり鉄瓶について
手づくり鉄瓶は、肉厚を薄く作ることにその特徴があります。
そのため 200V IHでのご使用には無理があります。

200V IHでのご使用の場合は、ごく少パワーにてゆっくりお沸かしいただきますようお願い致します。
熱源が200V IHの場合、対応品をお使いいただくことをおすすめします。



>>鉄瓶・南部鉄器の快適さ.comTOPへ戻る