カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器
HOME > 南部鉄瓶 > 生型鉄瓶
生型鉄瓶
生型鉄瓶型形成
鉄瓶造りはまず鋳型を造るところから始まります。
職人さんが型に砂を入れて圧縮し砂型を造ります。

生型鉄瓶注湯
約1500度の溶かした鉄を柄杓に入れ、砂型に流し込みます。
熟練した職人さんでないと出来ない、技術が要る作業です。
※「湯」とは溶かした鉄のことを指します。

生型鉄瓶加工
砂型に注湯後、約3〜4時間経ちましたら型をばらします。
その後バリなどを取り、仕上げていきます。

鉄瓶 スズミ桜釜焼き
約900度の釜で1時間ほど鉄瓶を釜焼します。
この作業により、さび防止の酸化被膜を付けます。

生型鉄瓶検品・完成
塗装を施し、ツルを付けて、ひとつひとつ検品しましたら完成です。
細かい作業を含め、約50以上の工程を終えて出来上がります。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全58件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

1件〜40件 (全58件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ