南部鉄器・南部鉄瓶の通販専門店 -快適さ.com-
楽天ペイペイペイYahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
南部鉄器 南部鉄瓶 背景
7,000円以上のお買い上げで送料無料
通常送料800円
☎03-3376-4530 FAX03-3377-5941 受付時間:平日9時~12時 13時~17時

【送料無料・お取り寄せ】及富(南部宝生堂) 南部鉄器 鉄瓶 梅丸子(錆色)銅蓋1.2L 内面素焼き・酸化被膜仕上 日本製 ガス・100V IH対応 700103

価格: ¥63,800 (税込)
メーカー: 及富(南部宝生堂)
型番: 700103
オプション:
敷物
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

南部鉄器 南部鉄瓶 梅丸子(錆色)

職人による手作りの銅蓋付の鉄瓶です。
おめでたいとされる梅の吉祥文様の鉄瓶です。
美しい枯れ色を表現した「侘び寂び(わびさび)」仕上げ。
内側は古来より伝わる伝統技法「釜焼き」による錆止め仕上げ。内側は漆を焼付ない素焼きです。
沸かしたお湯に鉄分が含まれております。
熱源はガス・100V IH対応。
製造は岩手県奥州市水沢区羽田町宝生・及富(南部宝生堂)。

商品詳細情報

製造販売元:及富(南部宝生堂)
サイズ:径19.5cm×17cm×高さ(ツル含む)20.5cm
底部径:約7.6cm
容量:約1.2L
重さ:約1.75kg
素材:鉄鋳物(内面:酸化皮膜仕上、外面:※カシュー塗装仕上)、蓋/銅
生産国:日本(岩手県)
対応熱源:直火(中火以下)、電気コンロ、IH電磁調理器(100V)
包装形態・付属品:専用箱、取扱説明書

※カシュー塗装とは
カシュー塗料とはカシューナッツから抽出した天然樹脂塗料です。天然成分で漆に非常に近い性質を持っています。
経年により塗装が剥がれて鉄の地肌が出ましても、そのままご使用可能です。

●注意事項
表示容量は、満水時の容量です。
実容量は、表示容量の約7分目程となります。

●内側について
本商品は内部にホーロー加工を施しておりません。ご使用時に鉄分が溶出いたします。
※素材上必ずサビが発生しますが故障ではございません。
使用後約3ヶ月程で内部に次第に赤く錆びたような斑点がつき、次に湯垢がついてきます。
これは湯の独特な甘さを増し、お茶を美味しくしますので、赤い斑点や湯垢は取り除かないでください。

●IH調理器でのご使用について
200VIH調理器でお使いの場合、強火で加熱すると底部が変形する可能性がございますので、極弱火でお使いください。
100VIH調理器では強火でご使用可能です。

●発送日について
本商品はメーカーお取り寄せ商品となります。ご注文後に納期目安をお知らせ致します。

●ギフトラッピング・のしについて
ギフトラッピング・贈答用のし無料にて承ります。
※包装紙の色や柄は、当店にてその都度ご用意させて頂くものとなります。
ご指定・ご要望等は承っておりませんので予めご了承ください。

●外国語の取扱説明書ございます
英語・中国語の取扱説明書を用意しております。
ご希望の方は、ご購入時ショッピングカート画面にて、必要な言語の取扱説明書をご選択ください。

●海外発送承っております
国際送料
EMSにて海外発送致します。
国際送料、関税等の費用はお客様のご負担とさせて頂いております。
国際送料は、発送国、商品重量、数量によって異なります。
海外発送をご希望の方は送料を見積ますので、下記「お問合わせ」をクリックしてお問合わせください。


※お問合わせ完了時に自動送信メールをお送りしております。
携帯電話のメールにドメイン指定をされているお客様・フリーメールをご使用のお客様は、自動送信メールが届かない可能性がございます。

商品説明

職人による手作りの銅蓋付の鉄瓶です。おめでたいとされる梅の吉祥文様の鉄瓶です。美しい枯れ色を表現した「侘び寂び(わびさび)」仕上げ。1.2Lと扱いやすいサイズです。内面素焼き・酸化被膜仕上。100VIH調理器対応。及富(南部宝生堂)製品。日本製。

商品仕様

製品名: 及富(南部宝生堂) 南部鉄器 鉄瓶 梅丸子(錆色)銅蓋1.2L 内面素焼き・酸化被膜仕上 日本製 ガス・100V IH対応 700103
型番: 700103
メーカー: 及富(南部宝生堂)
外寸法: 幅195mm × 奥行170mm × 高さ205mm
製品重量: 1750g
区分: 新品

【送料無料・お取り寄せ】及富(南部宝生堂) 南部鉄器 鉄瓶 梅丸子(錆色)銅蓋1.2L 内面素焼き・酸化被膜仕上 日本製 ガス・100V IH対応 700103

価格: ¥63,800 (税込)
メーカー: 及富(南部宝生堂)
型番: 700103
オプション:
敷物
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

南部宝生堂 及富 歴史
元禄年間、雲南堂金別家として及川利源太(盛耕堂)が独立創立し、嘉永年間(1848年)に宝生堂及川甚太郎と改名をし現在は七代目にあたります。
仙台伊達家鋳物師としても仕え、明治以降は茶の湯釜・鉄瓶を主体とした商品製造に転じ、個性的なデザインと工芸美は現在も高く評価されております。

●新品鉄瓶の使い始め
中を水ですすいでから、お湯を沸かして捨てる作業を2~3回行ってからご使用ください。
※加熱時は蓋をずらしてください。沸騰したお湯が飛び出すのを防ぎます。

●ご使用後のお手入れ
熱いうちにお湯を捨てて、余熱・または軽く空焚きして鉄瓶の内部が乾いてからおしまいください。
※鉄瓶の中に残ったお湯は必ずポット等に移し、鉄瓶の中を空の状態にしてください。(サビの原因となります。)

●鉄瓶内部のサビについて
鉄瓶は、鉄という素材上必ずサビが発生します。使用後約3ヶ月程で内部に次第に赤く錆びたような斑点がつき、次に湯垢がついてきます。これは湯の独特な甘さを増し、お茶を美味しくしますので、赤い斑点や湯垢は取り除かないでください。
内部にサビが発生しても、沸かしたお湯が赤くならなければ安定した状態なので、そのままご使用可能です。

●使用後3ヶ月の鉄瓶の内部
南部鉄瓶 サビ 新品から使用後1~3ヶ月位で内部が赤くなっていきます。
もちろん、このまま問題なくご使用可能です。
使い続けていく内に、内部に湯垢が付き白くなってきます。


●使用後約1年の鉄瓶の内部
南部鉄瓶 サビ1年ほど使い続けると、内部に湯垢が付き白くなります。
この白い湯垢は、水に含まれるカルシウム等の成分が付着して付きます。
湯垢が付くことにより、内側をコーティングして錆びにくくするため、擦って落とさないでください。
日々使用することにより、内部が変化していく様子をお楽しみください。
※水源によって、湯垢の付方が異なります。


●沸かしたお湯が赤くなる場合
鉄瓶内部を軽くすすいで水を八分目ほど入れて、お茶の葉を茶さじ1~2杯程入れ20分ほど煮込んでください。
火を止めて、そのまま7~8時間おいておきます。真っ黒な水になりますが、これが鉄分とお茶から出るタンニンが化合した色です。このタンニンがサビをパックするように覆い被さり、サビの進行を防ぎます。
この作業を2~3回繰り返すと、お湯が赤くなるのが改善されます。

●お取扱上のご注意
・長期にわたり使用しない場合は、新聞紙など吸水性の良い紙にくるみ風通しの良いところに保管してください。
・鉄瓶は水を入れたままにしているとサビます。必ず空けてください。
・水の量は8分目までとし、満水ではご使用にならないでください。
・IH調理器非対応の鉄瓶は、IH調理器で加熱しないでください。底部が変形・穴が開く可能性がございます。
・鉄瓶の底に水分がついたままテーブルに置くと、黒い輪染みになります。輪染みは取れませんので、大切なテーブルを汚さない為に必ず敷物を使用してください。敷物は乾いた布などで結構です。

関連商品

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【営業時間】
平日9:00~17:00
【休日】
土、日、祝祭日

※定休日は商品の発送・メール共にお休みです。

QR

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

新規会員さま募集中

新規会員登録はこちらから

新規に会員登録をされると、200ポイントプレゼント!

会員登録をされますと、ご購入商品合計金額の1%がポイントとして自動的に貯まります。
貯まったポイントは、次回以降のお買い物の際に「1ポイント=1円」でお使いいただけます。

電話・FAX・メール注文

快適さ.comでは、お電話・FAX・メールでのご注文を承っております。

お電話でのご注文
<平日>AM9:00~PM5:00
03-3376-4530
※お電話の際は日本語でお願いいたします。
(打電話下単時,請用日語,因為暫時還没有中文/英文的営業人員,)

FAXでのご注文

ご記入用紙はこちらから!

印刷をして03-3377-5941までFAXをお願い致します。

メールでのご注文はこちらから>>>

あんしん決済システム

あんしんクレジットカード決済システム
当店はお客様のクレジットカード情報を管理しておりません。
安心してお買物をお楽しみください。

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
当店はYahoo!ウォレットに対応しております。

楽天ID決済

アマゾン
Amazonアカウントに登録済みのクレジットカード情報を利用して決済できます。

鉄瓶・鉄鍋のサビについて

南部鉄器 サビ

店長日記

フェイスブック

南部鉄器のお話や店長の四方山話です。
店長日記はこちら >>

ページトップへ