カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器
HOME > 南部鉄器 急須 > 急須(カラー)
●南部鉄急須のできるまで
南部鉄器 急須鋳型形成
急須造りはまず鋳型を造るところから始まります。
職人さんが型に砂を入れて圧縮し砂型を造ります。
製品と同じ形状の原型に砂を固めて形状や模様を写し取り、鋳型の中に製品と同じ空洞を作ります。

南部鉄器 急須注湯〜冷却・凝固
溶解炉で約1500℃に溶かされた鉄を湯(ゆ)といい、鋳型に湯を注ぎこみます。
鋳型内部に注ぎ込まれた鉄の温度が下がり、凝固して固まるのを待ちます。

南部鉄器 急須型出し・砂落とし
鋳型内の鉄が凝固し固まったころあいを見て、鋳型をこわします。
製品に付いている鋳型の砂を取り除きます。

南部鉄器 急須仕上げ研磨
鋳型から取り出された製品には、鋳バリが付いているためグラインダーで研磨し除去して、表面をなめらかに仕上げます。
特に内面はホーロー加工を施すので、念入りに行います。

南部鉄器 急須ホーロー加工
急須は防錆処理として釉薬を急須の内面に塗布し、高温で焼成します。
すると、釉薬がホーロー化して表面を覆います。

※急須は全商品内部にホーロー加工を施しております。
直火でのご使用は内部を痛めますので、お控えください。

南部鉄器 急須着色
保温炉の中で約70〜80℃に加熱した急須へ着色をしていきます。
鋳肌際立つ重厚な伝統色から、海外評価の高いカラフルなバリエーションなど、職人自らの手で一つ一つ着色します。

南部鉄器 急須検査・梱包
表面に塗装が施された製品は、最終検査で合格したものが箱詰めされて完成します。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全63件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

1件〜40件 (全63件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ