カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器 鉄瓶 南部鉄器
HOME > 山形鋳物

【山形鋳物の歴史】

平安時代およそ900年前。平安後期、乱平定のため源頼義が山形地方を転戦し、そのとき軍に同行した鋳物師が、山形市内を流れる川の砂と付近の土質が鋳物に最適であることを発見し、何人かがこの地に留まり鋳物づくりを始めました。これが山形鋳物の始まりと言われております。
昭和50年(1975年)に通商産業大臣(現・経済産業大臣)指定の、国の「伝統的工芸品」に指定されました。


【特色】

山形鋳物の工芸鋳物は、鉄製のものと銅合金(ブロンズ)のものがあります。
日本文化を代表する茶道になくてはならない茶の湯釜は、山形産が多数です。
山形鋳物の伝統的な技法は、独特の砂鋳型作り「型挽き」、砂鋳型にヘラで紋様を作る「紋様押し」、細やかな肌をつける「肌打ち」、漆仕上げなど。これが山形鋳物の薄物で繊細な肌と美しい形の正確さを創り上げます。

商品一覧

該当商品はありません